ログイン名パスワード
<< 2018/05 >>12345678910111213141516171819202122232425262728293031
18/05/17 05:05 / 今日の暦、明日の暦で、運気をアップ

5月17日(木曜日)今日の六曜(ろくよう)と、そのご説明です。(赤口)(先負)
記事へのリンク

みなさん、おはようございます。

昨日はお客様と豊田市にある猿投神社に参拝に行きました。

豊田市は世界のトヨタがある場所です、この猿投神社では

トヨタ自動車の関係者が多く参拝していますので、これも

トヨタ自動車に取って、意味のある神社だと私は思います。

人生は一期一会です、色々な神社仏閣の出会いも自然の

流れですね。



それでは、5月17日(木曜日)

今日の六曜(ろくよう)と、そのご説明です。




新暦2018年5月17日に対する旧暦です。
旧暦2018年4月3日(赤口)




旧暦2018年5月17日に対する新暦です。
新暦2018年6月30日(先負)




赤口の意味です。

今日は交通事故など思わぬ災難が起きる日とされています。

クレグレモ気を付けて下さいね。

災い転じて福となす日でもあります。

赤口(しゃっく)は六曜の一つで、陰陽道の「赤目日」

という大凶の日に由来します。

六曜においては、この赤口だけが名称変更されていません。

正午前後(正確には午の刻なので

午前11時から午後1時までの時間帯)

のみは吉で、それ以外は凶とされます。

みなさん、正午前後の時間にチャンスが訪れることが

多いのでチャンスをゲットしましょうね。

また、赤口の意味は、「赤」という文字が使われるように、

「火の元」と刃物に注意せよ、

ということです。別名を「しゃっこう」・「じゃっく」・「せきぐち」

・「しゃくぜつにち」などとも呼ばれています、

また、特に祝い事には大凶とされています。

赤のイメージは鬼が現れるといわれたり・・・

赤は血や火を連想するため、怪我に注意しろとも

言われています。

大凶の日であることには変わりませんので、

何事も避けたほうが無難の日ですね。

また、別の考え方で言うと・・・

悪い日ほど運気をアップする日です、

この無難の日をステップに

人生のチャンスをゲットしましょう。

以上、赤口の意味でした。

今日は石橋を叩き氣を付けて生きましょうね。

災い転じて福となすと言う言葉があります。

みなさまに、福が来ますよ。




先負の意味です。

午前中が凶で午後は吉です。

先負について、京都の清明神社の暦には

「先負=平静を守って吉、午後は吉」と書かれており、

高島易断の一部の暦では、「朝から昼迄は凶、

午後から日暮れ迄は吉」、「勝負事や急用事は

なるべく避け、控えめにして、相手の

仕掛けてくるのを待つ方が良い」と書かれています。

そして、日本占術協会の暦では、

「でしゃばらず静かにして吉です。

午前は凶で、午後が吉ともいい、公用や急用は

避ける日」とされています。

また、結婚式やお祝い事は午後から行うのが

良いとされる日です、

かつては「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていました。

「せんまけ」「せんぷ」が一般的な読みですが、

「せんぶ」「さきまけ」とも言います。

今日は急がずに何事にも控えめに、そして平静を

保って、すごすと良い日になりますよ。

みなさん、人生をワクワクと楽しく生きましょうね。

そして開運、開運で今日も楽しいことを引き寄せましょう。

みなさん、今日も努力を惜しまず前進しましょう。



簡単な六曜(ろくよう・ろつき・りくよう)のご説明です。


六曜(ろくよう・ろつき・りくよう)とは

旧暦の朔日(毎月1日)の六曜は以下のように

決まっており、その順序は

先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口→先勝(に戻る)→

と月内で6日周期で循環します。

しかし、旧暦での月の変わり目には

順番が変わることになります。

新暦のカレンダーでは、規則正しく循環していたものが

ある日突然途切れたり、同じ日の六曜が年によって

月によって異なっていたりします。


良くある質問パート1です。

大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅、は必ずしも

6日周期でやってきませんが、どういう基準で

順番がずれるのでしょうか?

簡単に言うと

旧暦の朔日、第1日(ついたち)をもって、

初めの六曜が変更されます。

そのため新暦では月の途中で六曜の順番が変動します。

もう少し説明すると、六曜は、旧暦の日付によって

決まる仕組みで、同じ旧暦の日付なら

毎年同じようになります。

2月・8月朔日(ついたち)::友引

3月・9月朔日(ついたち)::先負

4月・10月朔日(ついたち)::仏滅

5月・11月朔日(ついたち)::大安

6月・12月朔日(ついたち)::赤口

暦の決められた六曜で言うと、

旧暦の正月(元旦)は先勝、七夕は先勝、

中秋の名月(8月15日)は仏滅と決まっています。

また、六曜は中国の六壬時課という時刻の占いが

わが国に伝わり、日の占いに変化したものです。

起源ははっきりとせず、14世紀の鎌倉時代末期から

室町時代にかけて日本に伝わり

変化したものと言われています。


一般的になったのは幕末以降で、民間の暦にひっそりと

記載され始めました。

それが、明治時代に入って吉凶付きの

暦注(廿八宿・十二直)は迷信であるとして政府に

禁止されたことが、逆に六曜の人気に拍車を

かけることとなり、第二次世界大戦後の爆発的流行へと

繋がりました。

今日、有名な暦注として、運勢暦でなくても普通の

カレンダーや手帳にも記載されています。

また、明治以前の暦には、あまり記載されていない

比較的歴史の浅い暦注です。



お話は変わります、よくある質問パート2です。


新暦に対する旧暦、これはいわゆる旧暦でよくわかります。

どころが、旧暦に対する新暦が、一ヶ月から二か月、

ずれています、これはどういうふうに

考えるものなのでしょうか?


旧暦と新暦は季節にずれがあります。

それは、旧暦に閏月(うるうづき/じゅんげつ)が

入るためです。

現在の暦は、明治5年12月3日を明治6年1月1日と

することから始まりましたので、「ずれは一ヶ月」と

いうことができます。

一方、旧暦は月の動きを基に定められています。

月が地球を1周するのは約29.5日です。

そのため12か月で354日にしかなりません。

1年で約11日ずつずれていき、

3年目では1か月余りずれます。

これを新暦と較べれば、ずれは「二ヶ月とも」

言えるわけです。

このずれを補正するため、19年間に7回の

閏月(うるうづき/じゅんげつ)を挟んでいます。

簡単な説明でした。



良くある質問パート3です。

古橋さん、なぜこんなに色々なことに

詳しいのと聞かれます。


お答え致します。

暦は竹炭の活用技術、イヤシロチの施工の立会

(炭素埋設・置炭・床下の敷炭)などに取って

必要な知識です、

その暦のタイミングで施工の提案などをしています、

それと同じく私の趣味で教えている色々なセッション、

開運セレンディピティとウイッチクラフト、風水、家相、

占星術、ダウジングなどにも必要な知識です、

色々アリとしてお仕事をさせて頂いていることに感謝です。


簡単なご説明でした。


みなさん、何でも良いところをチョイスして

前向きに生きましょう。

みなさん、今日もワクワクと人生を楽しみ努力を

惜しまず前進しましょうね。

そして、今日も自分の望むポジティブな

イメージを想像しましょうね。

福がキットみなさんに来ますよ。

夢と希望も貴方のポジティブな意識が願いを叶えます。

自分を信じて前向きに人生を歩きましょう。

続いて、写真は、お店にお飾りしてある福を引き寄せる、

恵比寿様(左)大黒天様(右)と招き猫さんです。

photo

photo

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、

左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招来ます。

両手を挙げている猫は、金運とお客様を招く猫です。

また、手が短い猫は、手近な福と、手近な、お客様を

呼び寄せる意味があります。

招き猫さんについてのご説明ハート2

招き猫さんは、通常、オス(右手)は福を招き、

メス(左手)は客を招くと言われています。

みなさん、こよなく自分を愛し、自分を信じましょう。

私はいつでもワクワクと楽しく生きています。

ブログ、ミクシィ、Twitter、Facebookを

ご覧頂いている皆様のご健康と御多幸を心より祈りつつ。

ありがとうございます。 感謝



追伸です。

尚、イヤシロチ(炭素埋設・床下の敷炭・置炭)についての

プラン、お見積もりは無料ですので、お気軽に

お尋ねくださいませ。

また、部屋、屋敷の気の流れが、悪いと感じている方は、

貴方の、図面を基に、風水・家相・ダウジングの

鑑定もしていますので、お気軽に、お尋ねくださいね。

また、科学的に磁場測定を、ご希望の方は、お気軽に

お尋ねくださいね。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

上記の写真はダウジング器材と磁場測定アプリの種類と

風水を考えた炭素埋設です。

それと、心を病んでいる方、体調不良で悩み苦しんでいる

方は、考え方を変えたり、環境を変えれば心も身体も

楽になります、お気軽にご相談下さいね。


お話しは変わりますが、

土地の平面図、家の間取りなどの、図面測定を測定

していますので、お気軽にメールで添付してください。

また、風水、家相、占星術などのセカンドオピニオンも

しているので、お気軽にお尋ねくださいね。


メール moon@furuhashi-takezai.jp

尚、セキュリティの関係でエラーが出ましたら、

下のメール、niftyのセカンドメールで、送って下さい。

メール CBL10518@nifty.com


それと別に、ラインで図面の写真を撮り、送って頂いても

測定を致します。


アカウントがございますのでお気軽にお尋ねください。


それと、商品のご紹介とご購入は、左カテゴリー上に

オンラインショップがございますので、ご利用下さいませ。


住所 浜松市中区城北2−18−8

古橋竹材店・代表 古橋一成

メール moon@furuhashi-takezai.jp

メール CBL10518@nifty.com

お店  053−471−5090

FAX 053−474−0745

フリーダイヤル0120−03−5090

ありがとうございます。 感謝

[更新日付:2018/05/17 05:05:18]